古語:

予ねての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かね-て 【予ねて】

[一]副詞

前もって。あらかじめ。


出典徒然草 一五五


「死は前よりしも来たらず、かねて後ろに迫れり」


[訳] 死は前からばかりやって来ないで、あらかじめ(すでに)背後に迫っている。


[二]

分類連語


〔多く日数を表す語に付いて〕…以前に。今まで…にわたって。


出典大鏡 道長上


「試楽(しがく)といふこと、三日かねてせしめ給(たま)ひしになむ、まゐりて侍(はべ)りし」


[訳] 舞の予行ということを、(法会の)三日以前になさったさいに参詣(さんけい)いたしました。


なりたち

動詞「かぬ」の連用形+接続助詞「て」








予ねてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

予ねてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




予ねてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS