古語:

争ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あらが・ふ 【争ふ・諍ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


言い争う。反論する。否定する。


出典徒然草 七三


「わがため面目(めんぼく)あるやうに言はれぬる虚言(そらごと)は、人いたくあらがはず」


[訳] 自分のために名誉であるようなふうに言われたうそに対しては、(その)人自身はそんなには否定しない。


(かけごとなどで)張り合う。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「言ひ初(そ)めてむ事はとて、固うあらがひつ」


[訳] (一度)言い出したようなことは(取り消すまい)と思って、がんこに張り合った。



あらそ・ふ 【争ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


張り合う。争う。


出典方丈記 


「棟を並べ甍(いらか)をあらそへる」


[訳] 棟を並べ、屋根の高さを張り合っている。


さからう。抵抗する。


出典万葉集 一八六九


「春雨にあらそひかねて」


[訳] 春雨にさからいかねて。


言い争う。議論する。


出典徒然草 二一


「『露こそあはれなれ』とあらそひしこそ」


[訳] 「露の方がしみじみとした趣がある」と言い争ったのは。









争ふのページへのリンク
「争ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

争ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




争ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS