古語:

事と言へばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 事と言へばの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと-と-いへ-ば 【事と言へば】

分類連語


取り立てて(問題と)言えば。


出典源氏物語 夕霧


「ことといへば、直面(ひたおもて)なべければ」


[訳] 取り立てて問題と言えば、(明るい中で)直接顔を見られてしまうことだから。


何かというと。とかく。


出典源氏物語 椎本


「ことといへば、限りなき御心の深さになむ」


[訳] (あなたのお言葉は)とかく、この上なく遠慮深いことですね。


なりたち

名詞「こと」+格助詞「と」+動詞「いふ」の已然形+接続助詞「ば」








事と言へばのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

事と言へばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




事と言へばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS