古語:

最澄の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

最澄

分類人名


(七六七~八二二)平安時代前期の僧。日本の天台宗の開祖。諡(おくりな)は伝教(でんぎよう)大師。近江(おうみ)(滋賀県)の人。八〇四年唐に渡って天台山で学び、翌年帰国して比叡山延暦寺(ひえいざんえんりやくじ)によって天台宗を広めた。比叡山に密教・禅・律も含めた大乗戒壇(だいじようかいだん)を建立しようとして南都諸寺と対立した。著書に『山家学生式(さんげがくしようしき)』『顕戒(けんかい)論』など。









最澄のページへのリンク
「最澄」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

最澄のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




最澄のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS