古語:

我が立つ杣の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 我が立つ杣の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わが-たつ-そま 【我が立つ杣】

分類連語


私が入り立つ杣山。私が住む杣山。


出典新古今集 釈教


「阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみやくさんぼだい)の仏たちわがたつそまに冥加(みやうが)あらせたまへ」


[訳] 全知全能の御仏たちよ。私が入り立つこの杣山に仏の加護をお与えください。


比叡(ひえい)山の別名。◇の用例にあげた、伝教大師最澄(さいちよう)が比叡山根本中堂を建立したときに作った和歌から。








我が立つ杣のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

我が立つ杣のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




我が立つ杣のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS