古語:

我が身の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わ-が-み 【我が身・吾が身】

[一]名詞

自分の身。自分自身。


出典古今集 秋上


「月見れば千々(ちぢ)に物こそ悲しけれわがみ一つの秋にはあらねど」


[訳] ⇒つきみれば…。


[二]代名詞

わたし。われ。▽自称の人称代名詞。


出典平家物語 一一・先帝身投


「わがみは女(をうな)なりとも、敵(かたき)の手にはかかるまじ」


[訳] わたしは女であっても、決して敵の手にはかからないつもりだ。


おまえ。なんじ。▽対称の人称代名詞。目下の者に対していう。


出典源平盛衰記 三


「『わがみはこの国の者か』と御尋ね有りけれども」


[訳] 「おまえはこの国の者か」とご質問があったけれども。









我が身のページへのリンク
「我が身」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

我が身のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




我が身のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS