古語:

かやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

か-や

終助詞

《接続》体言および活用語の連体形に付く。


〔感動・詠嘆〕…ことだなあ。


出典日本書紀 神武


「うれたきかや」


[訳] 嘆かわしいことだなあ。


〔詠嘆を含んだ疑問〕…かなあ。


出典羽衣 謡曲


「さては天人にてましますかや」


[訳] それでは(あなたは)天人でいらっしゃるかなあ。


〔反語〕…か、いや…ではない。


出典太平記 一一


「時の間(ま)もながらふべき我が身かや」


[訳] (夫・子供の亡き後)ほんのしばらくの間も生きながらえられる我が身であろうか、いやそうではない。


参考

は詠嘆の終助詞「か」に詠嘆の間投助詞「や」が、は疑問・反語の係助詞「か」に詠嘆の間投助詞「や」が付いて一語化したもの。



かや 【萱・茅】

名詞

すすき・すげ・ちがやなど、屋根をふく丈の高い草の総称。▽上代東国方言では「かえ」とも。









かやのページへのリンク
「かや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS