古語:

からの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

から

接続助詞

《接続》


が活用語の連体形に、


は接続助詞「て」に付く。〔原因・理由〕…のために。…ので。


出典浮世風呂 滑稽


「鶴(つう)は利口者だから泣きませぬ」


[訳] 鶴は賢い者なので泣きません。〔判断の根拠を強調〕…からには。…以上は。▽「からは」の形で。


出典阿弥陀が池 浄瑠・近松


「見付けられたからは、ありやうに言はう」


[訳] 見つけられたからには、ありのままに言おう。〔逆接の仮定条件〕…ても。…たところで。▽「てから」「てからが」の形で。


出典心中重井筒 浄瑠・近松


「来てから今夜は出されませぬ」


[訳] 来たところで、今夜は出すことはできません。


参考

助詞「から」に接続助詞の用法が生まれたのは、中世末期以降である。



から

格助詞

《接続》体言および活用語の連体形に付く。


〔動作・作用の起点〕…から。


出典古今集 物名


「浪(なみ)の花沖から咲きて散り来(く)めり」


[訳] 波の花が沖の方から咲いて(岸の方に)散って来るようだ。


〔動作・作用の経由点〕…を通って。…に沿って。


出典万葉集 二六一八


「月夜(つくよ)良み妹(いも)に逢(あ)はむと直道(ただち)から我は来つれど夜そ更けにける」


[訳] 月がすばらしいので、あなたに会おうと、近道を通って私は来たけれど、夜が更けてしまった。


〔原因・理由〕…によって。…のために。


出典古今集 恋三


「長しとも思ひぞはてぬ昔よりあふひとからの秋の夜なれば」


[訳] (秋の夜が)一概に長いとも思いきれない。昔から会う人によって短くも長くもなる秋の夜だから。


〔手段・方法〕…で。


出典落窪物語 一


「徒歩(かち)からまかりて」


[訳] 徒歩で参りまして。


〔引き続き、すぐ次の事態が起こることを表す〕…とすぐに。…そばから。


出典古今集 離別


「惜しむから恋しきものを」


[訳] (別れを)惜しむそばから恋しいのに。


参考

中古には「より」が、中世後期以降は「から」が多用された。



から 【柄・故】

名詞

ゆえ。ため。▽原因・理由を表す。


出典万葉集 三七九九


「己(おの)が身のから人の子の言(こと)も尽くさじ」


[訳] 自身のために、人なみにあれこれ言いはしますまい。◆上代語。



-から 【柄】

接尾語

名詞に付いて、そのものの本来持っている性質の意を表す。「国から」「山から」


参考

後に「がら」とも。現在でも「家柄」「続柄(つづきがら)」「身柄」「時節柄」「場所柄」などと用いる。



から 【殻・骸】

名詞

なきがら。▽魂の抜け去った後に残る肉体。


出典源氏物語 夕顔


「ただ今のからを見では」


[訳] 現在のなきがらを見ないでは。


(虫などの)ぬけがら。


殻。外皮。



から 【韓・唐】

名詞

朝鮮。中国。外国。


出典徒然草 一〇


「からの、大和の、めづらしく、えならぬ調度ども並べ置き」


[訳] 中国のや、わが国の、珍しくてなんとも言えず立派な道具類を並べ置いて。


参考

(1)古代朝鮮半島の西南端にあった「伽羅(から)」国を朝鮮の総称として用いたことに始まる。奈良時代には朝鮮を表したが、平安時代以降は、主に中国を表すようになった。(2)接頭語的に名詞に付き、外国から渡来したとか、外国風のという意味で用い、高級で貴重なものという語感を伴って使われた。









からのページへのリンク
「から」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

からのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




からのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS