古語:

からころむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > からころむの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

からころむ…

分類和歌


「韓衣(=枕詞(まくらことば))裾(すそ)に取りつき泣く子らを置きてそ来(き)ぬや母(おも)なしにして」


出典万葉集 四四〇一・防人歌(さきもりうた)


[訳] 着物の裾にすがりついて泣く子供たちを置いて来てしまったのだなあ。その子供たちの母親もいない状態で。


鑑賞

信濃(しなの)の国(長野県)の防人の歌。母のいない子供を残して任地へやってきた防人が、その悲痛な心情を詠んだもの。「からころむ」は「からころも」の東国方言。









からころむのページへのリンク
「からころむ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

からころむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




からころむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS