古語:

枝も情なげなめる花をの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 枝も情なげなめる花をの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

えだ-も-なさけなげ・な-める-はな-を 【枝も情なげなめる花を】

出典源氏物語 夕顔


[訳] 枝も何の風情のなさそうな花ですもの。


品詞分解

えだ=名詞 も=係助詞 なさけなげな=形容動詞「なさけなげなり」[連体形]「なさけなげなる」の撥(はつ)音便「なさけなげなん」の撥音「ん」が表記されない形。 める=推量の助動詞「めり」[連体形] はな=名詞 を=間投助詞








枝も情なげなめる花をのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

枝も情なげなめる花をのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




枝も情なげなめる花をのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS