古語:

枢の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くるる 【枢】

名詞

戸の上端と下端にある突起(=とまら)を穴(=とぼそ)に差し込んで回転軸を作り、開(ひら)き戸が開閉するようにする装置。「くる」とも。


戸の桟(さん)から敷居の穴に差し込んで戸が開かないようにする木片。


「枢戸(くるるど)」の略。◆「くろろ」とも。



くろろ 【枢】

名詞

「くるる」に同じ。



と-ぼそ 【枢】

名詞

開き戸の上下の端に設けた回転軸である「とまら(枢)」を差し込むために、梁(はり)と敷居とにあける穴。


扉。戸。くるる戸。


出典源氏物語 若紫


「奥山の松のとぼそをまれにあけて」


[訳] 山奥の家の松の戸をごくたまに開けて。◆戸臍(とほそ)(「臍」は、へそ)の意。









枢のページへのリンク
「枢」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

枢のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




枢のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS