古語:

糟糠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さう-かう 【糟糠】

名詞

かすとぬか。粗末な食事や貧乏な暮らしのたとえ。


から転じて)値打ちのないもの。取るに足りないもの。


出典平家物語 四・南都牒状


「清盛(きよもり)入道は、平氏のさうかう、武家の塵芥(ちんがい)なり」


[訳] 清盛入道は、平氏のかすやぬかのようなもの(であり)、武家のごみのようなもので、値打ちのないものである。








糟糠のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

糟糠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




糟糠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS