古語:

貫き乱るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬき-みだ・る 【貫き乱る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


貫いている緒が抜けるなどして玉などが乱れ散る。


出典拾遺集 恋一


「ぬきみだる涙の玉もとまるやと」


[訳] 貫いている糸が抜けて玉が乱れ散るように散る涙の玉もとまるかもしれないと。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


貫いている緒を抜くなどして玉などを乱れ散らす。


出典古今集 雑上


「ぬきみだる人こそあるらし白玉の間(ま)なくも散るか」


[訳] 糸を抜いて玉を乱れ散らす人がいるらしい。白玉(=涙)が絶え間もなく散ることよ。








貫き乱るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

貫き乱るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




貫き乱るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS