古語:

貫の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-くゎん 【貫】

接尾語

銭(ぜに)の単位。一貫は、古くは千文、江戸時代には九百六十文。


鎌倉時代以後、武家の知行高(ちぎようだか)の換算に用いた単位。一貫は、およそ十石(こく)。


尺貫法の目方の単位。一貫は千匁(=三・七五キログラム)。秤量(ひようりよう)貨幣としての銀貨の単位ともする。


参考

銭(ぜに)千枚(=千文)を緡(さし)(=細い縄)で貫いてひとまとめにしたところから起こった語。



カン 【官・冠・巻・貫・萱・款・寛・勧・関・管・還・観・灌】

⇒くゎん



つら-ぬき 【頰貫・貫】

名詞

鎧(よろい)をつけて乗馬するときにはく、毛皮製の浅沓(あさぐつ)。縁に貫(ぬ)き緒を通し、足の甲の上で結ぶ。「つなぬき」とも。









貫のページへのリンク
「貫」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

貫のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




貫のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS