古語:

寸の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-き 【寸】

接尾語

上代の長さの単位。尺貫(しやつかん)法の「寸(すん)(=約三センチ)」とほぼ同じ長さ。


馬の背丈を測る単位。肩から足もとまでが四尺(=約一二〇センチ)の馬を標準とし、それより一寸(いつすん)高いものを「一寸(ひとき)」のようにいう。



すん 【寸】

名詞

寸法。長さ。刀剣の長さにいうことが多い。


出典曾我物語 九


「十郎が太刀すんまさりたりければ」


[訳] 十郎の太刀は寸法が(比較して)長かったので。


わずか。


出典猫のさうし 御伽


「すんの油断も候はず」


[訳] わずかの油断もございません。



-すん 【寸】

接尾語

長さの単位を表す。尺の十分の一。曲尺(かねじやく)の一寸は約三センチ。









寸のページへのリンク
「寸」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

寸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




寸のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS