古語:

計らふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はから・ふ 【計らふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


相談する。打ち合わせる。


出典増鏡 新島守


「かの大将軍はからひ、掟(おき)てつつ」


[訳] あの大将軍は相談して、指令しながら。


考慮する。見はからう。


出典徒然草 九八


「遁世者(とんぜいじや)は、無きにことかけぬやうをはからひて過ぐる」


[訳] 世をのがれ仏門に入った者は、何がなくても不自由しないやり方を見はからって(毎日を)過ごす。


考えて取り決める。取りはからう。


出典徒然草 六〇


「三百貫の物を貧しき身にまうけて、かくはからひける」


[訳] 三百貫という大金を貧しい身で手に入れて、このように取りはからったのは。








計らふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

計らふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




計らふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS