古語:

言語道断の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ごんご-だうだん 【言語道断】

分類連語


(奥深く、またすぐれていて)言葉では言い表せないこと。


出典平家物語 一・願立


「時々剋々(こくこく)の法施(ほふせ)・祈念、ごんごだうだんの事どもなり」


[訳] 時を追っての読経(どきよう)や願立ては言葉では言えないほどの(すばらしい)ことである。


(あまりにひどくて)言い表しようがないこと。もってのほかのこと。


出典隅田川 謡曲


「ごんごだうだんのことにて候ふものかな」


[訳] (あなたが死んだ子の親とは)言い表しようがないほどのことでございます。









言語道断のページへのリンク
「言語道断」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言語道断のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言語道断のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS