古語:

顔見世の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かほ-みせ 【顔見世】

名詞

初めて大勢の人に顔を見せること。特に、初めて勤めに出る遊女などが、客や揚げ屋などにあいさつして回ること。


歌舞伎(かぶき)の年中行事の一つ。江戸時代、陰暦十月に各座で役者の入れ替えがあり、その新しい顔ぶれを見せる十一月からの興行。








顔見世のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

顔見世のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




顔見世のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS