古語:

魂きはるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たま-きはる 【魂きはる】

分類枕詞


語義・かかる理由未詳。「内(うち)」や「内」と同音の地名「宇智(うち)」、また、「命(いのち)」「幾世(いくよ)」などにかかる。


出典万葉集 四


「たまきはる宇智の大野に馬並(な)めて」


[訳] 宇智の広々とした野に馬を並べて。


出典あらたま 斎藤茂吉


「あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我(わ)が命なりけり」


[訳] あかあかと秋の陽(ひ)に照らされて一本の道がはるかに続いている。この一筋の道は、私が生きていく道、私の命そのものなのだ。








魂きはるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

魂きはるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




魂きはるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS