古語:

とよの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「とよ」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/74件中)

接頭語名詞や動詞に付いて、物事が十分に満ち足りて、豊かであることをほめたたえる意を表す。「とよ秋津島」「とよ御酒(みき)」「とよ寿(ほ)く」。◆上代語。
接頭語名詞や動詞に付いて、物事が十分に満ち足りて、豊かであることをほめたたえる意を表す。「とよ秋津島」「とよ御酒(みき)」「とよ寿(ほ)く」。◆上代語。
名詞日本国の美称。「とよあきづしま」とも。◆秋の実りの豊かな大和(やまと)の国の意。「とよ」は接頭語。
名詞日本国の美称。「とよあきづしま」とも。◆秋の実りの豊かな大和(やまと)の国の意。「とよ」は接頭語。
名詞美酒。よい酒。▽酒をほめていう語。◆「とよ」は接頭語。
名詞美酒。よい酒。▽酒をほめていう語。◆「とよ」は接頭語。
名詞神に供える「幣帛(へいはく)」をほめたたえていう語。◆「とよ」は接頭語。
名詞神に供える「幣帛(へいはく)」をほめたたえていう語。◆「とよ」は接頭語。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS