古語:

南殿の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「南殿」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~9/9件中)

名詞「紫宸殿(ししんでん)」の別名。「なんでん」とも。◆「なんでん(南殿)」の「なん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。
名詞「紫宸殿(ししんでん)」の別名。「なんでん」とも。◆「なんでん(南殿)」の「なん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。
分類連語紫宸殿(ししんでん)の階下の左(=東側)に植えてある桜。南殿(なでん)の桜。◆儀式のとき、左近衛府(さこんゑふ)の役人がそばに並ぶことから。[反対語] 右近(うこん)の橘(たちばな)。
分類連語紫宸殿(ししんでん)の階下の左(=東側)に植えてある桜。南殿(なでん)の桜。◆儀式のとき、左近衛府(さこんゑふ)の役人がそばに並ぶことから。[反対語] 右近(うこん)の橘(たちばな)。
名詞平安京内裏(だいり)の正殿。もと天皇が政務をとる所であったが、大極殿(だいごくでん)焼失後は即位・節会(せちえ)などの重要な儀式も行われるようになった。南を正面として建てられ、前庭(南庭)前方の左...
名詞平安京内裏(だいり)の正殿。もと天皇が政務をとる所であったが、大極殿(だいごくでん)焼失後は即位・節会(せちえ)などの重要な儀式も行われるようになった。南を正面として建てられ、前庭(南庭)前方の左...
[一]自動詞ラ行変格活用{語幹〈あ〉}①(人・動物などが)いる。(無生物・物事が)ある。出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち「今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者ありけり」[訳] 今となってはも...
[一]自動詞ラ行変格活用{語幹〈あ〉}①(人・動物などが)いる。(無生物・物事が)ある。出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち「今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者ありけり」[訳] 今となってはも...
[一]自動詞ラ行変格活用{語幹〈あ〉}①(人・動物などが)いる。(無生物・物事が)ある。出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち「今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者ありけり」[訳] 今となってはも...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS