古語:

紫宸殿の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ししい-でん 【紫宸殿】

名詞

「ししんでん」に同じ。



ししん-でん 【紫宸殿】

名詞

平安京内裏(だいり)の正殿。もと天皇が政務をとる所であったが、大極殿(だいごくでん)焼失後は即位・節会(せちえ)などの重要な儀式も行われるようになった。南を正面として建てられ、前庭(南庭)前方の左右に、左近の桜、右近の橘(たちばな)が植えられている。母屋(もや)の中央に御帳台、その後方に賢聖(けんじよう)の障子がある。南殿(なでん)。「ししいでん」とも。









紫宸殿のページへのリンク
「紫宸殿」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

紫宸殿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




紫宸殿のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS