古語:

持国天の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「持国天」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

名詞①欲界六天の最下天である四王天に住む神の名。持国天(じこくてん)・増長天(ぞうじようてん)・広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん)(=毘沙門天(びしやもんてん))の四天王。 ...
名詞①欲界六天の最下天である四王天に住む神の名。持国天(じこくてん)・増長天(ぞうじようてん)・広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん)(=毘沙門天(びしやもんてん))の四天王。 ...
[一]自動詞サ行変格活用活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}現れる。出典平家物語 六・慈心房「多聞(たもん)・持国、二人の童子にげんじ」[訳] 多聞天・持国天が二人の童子となって現れ。[二]他動詞サ行...
[一]自動詞サ行変格活用活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}現れる。出典平家物語 六・慈心房「多聞(たもん)・持国、二人の童子にげんじ」[訳] 多聞天・持国天が二人の童子となって現れ。[二]他動詞サ行...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2021 Weblio RSS