古語:

無縁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「無縁」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~6/6件中)

名詞①関係があること。因縁があること。②仏に導かれる因縁のあること。◇仏教語。[反対語] 無縁(むえん)。
名詞①関係があること。因縁があること。②仏に導かれる因縁のあること。◇仏教語。[反対語] 無縁(むえん)。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}①無縁だ。無関係だ。無関心だ。出典古今集 雑下「光なき谷には春もよそなれば」[訳] 日の光が射さない谷間には春も無縁なので。&...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}①無縁だ。無関係だ。無関心だ。出典古今集 雑下「光なき谷には春もよそなれば」[訳] 日の光が射さない谷間には春も無縁なので。&...
分類連語①理由がない。根拠がない。出典今昔物語集 三〇・七「ゆゑなく心細く思ひつづけられて」[訳] 理由もなく心細くしきりに思いがめぐって。②情緒がない。たしなみがない。出典源...
分類連語①理由がない。根拠がない。出典今昔物語集 三〇・七「ゆゑなく心細く思ひつづけられて」[訳] 理由もなく心細くしきりに思いがめぐって。②情緒がない。たしなみがない。出典源...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS