古語:

千早振るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ちはや-ぶる 【千早振る】

分類枕詞


荒々しい「氏(うぢ)」ということから、地名「宇治(うぢ)」にかかる。「ちはやぶる宇治の」。


荒々しい神ということから、「神」および「神」を含む語、「神」の名、「神社」の名などにかかる。


出典古今集 秋下


「ちはやぶる神代(かみよ)も聞かず」


[訳] ⇒ちはやぶる…。



ちはや-ぶる 【千早振る】

上二段動詞「ちはやぶ」の連体形。たけだけしい。荒々しい。のちには「ちはやふる」とも。


出典万葉集 一九九


「ちはやぶる人を和(やは)せ」


[訳] 荒々しい人を懐柔し。








千早振るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

千早振るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




千早振るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS