古語:

向かひ火の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むかひ-び 【向かひ火】

名詞

燃え進んで来る火に対して、こちらから火を放って、向こうからの火の勢いを弱らせること。


出典古事記 景行


「その火打ちもちて、火を打ち出(い)でて、むかひびをつけて焼き退(そ)けて」


[訳] その火打ち石で、火を打ち出して、向かい火をつけて(迫って来る火を)焼き退けて。


相手の怒りに対して、こちらも負けずに怒って、相手の勢いに対抗すること。


出典源氏物語 真木柱


「憎げにふすべ恨みなどし給(たま)はば、…我もむかひび作りてあるべきを」


[訳] 憎らしげに嫉妬(しつと)し恨んだりなさるのならば…自分も負けずに怒って対抗をしてもよいのだが。








向かひ火のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

向かひ火のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




向かひ火のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS