古語:

希有がるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

けう-が・る 【希有がる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


珍しいことだと思う。不思議に思う。


出典古本説話集 四七


「そこより水湧(わ)き出(い)づ。けうがりて、方二、三尺深さ一尺余ばかり掘りたれば」


[訳] そこから水が湧き出した。珍しいことと思って、二、三尺四方、深さ一尺ほど掘ったところ。


風変わりで興味深く感じる。興がる。


出典義経記 六


「けうがる風情(ふぜい)にて通らんとする者あり」


[訳] 風変わりで興味深く感じるようすで通ろうとする者がいた。◆「がる」は接尾語。


参考

室町時代、「きょうがる」と発音され、「興がる」と混同して用いられるようになった。








希有がるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

希有がるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




希有がるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS