古語:

ただひとりあるのみこそよけれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ただひとりあるのみこそよけれの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ただ-ひとり-あ・る-のみ-こそ-よ・けれ 【ただひとりあるのみこそよけれ】

出典徒然草 七五


[訳] ただひとりでいるのがよいのだ。


品詞分解

ただ=副詞 ひとり=名詞 ある=動詞「あり」[連体形] のみ=副助詞 こそ=係助詞 よけれ=形容詞「よし」[已然形]








ただひとりあるのみこそよけれのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ただひとりあるのみこそよけれのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ただひとりあるのみこそよけれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS