古語:

たちわかれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たちわかれの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たちわかれ…

分類和歌


出典百人一首 


「立ち別れいなばの山の峰に生(お)ふるまつとし聞かば今帰り来(こ)む」


出典古今集 離別・在原行平(ありはらのゆきひら)


[訳] あなたがたとお別れして因幡(いなば)の国へ行くが、いなば山の峰に生えている「松」の名のように、あなたがたが私を待っていると聞いたら、すぐにでも帰って来よう。


鑑賞

作者が因幡(いなば)の守(かみ)として赴任するとき、見送りの人々との別れを惜しんで詠(よ)んだ歌。「いなば」は「往(い)なば」と「因幡」とを、「まつ」は「松」と「待つ」とをかけている。









たちわかれのページへのリンク
「たちわかれ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たちわかれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たちわかれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS