古語:

たちばなのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たちばなのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たちばなの…

分類和歌


「橘のにほふあたりのうたた寝は夢も昔の袖(そで)の香ぞする」


出典新古今集 夏・藤原俊成女(ふぢはらのとしなりのむすめ)


[訳] 懐かしい人を思い出させるたちばなの花の香り、その花のにおう辺りでうたた寝をすると、夢の中にも昔の恋人の袖の香がすることだ。


鑑賞

「五月(さつき)待つ花橘(はなたちばな)の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」(『古今和歌集』)〈⇒さつきまつ…。〉を本歌とする歌。本歌ではたちばなの花に昔の恋人を思うだけだったが、さらにうたた寝に見る夢にも昔の恋人の袖の香がすると言って、失われた時代を二重に懐旧している。深い喪失感をたたえた、恋のつややかな情趣が味わい深い。「ぞする」は係り結びの強めの用法。









たちばなののページへのリンク
「たちばなの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たちばなののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たちばなののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS