古語:

僻むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひが・む 【僻む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


ゆがむ。まともでなくなる。


出典蜻蛉日記 上


「ひがみたりし御子(みこ)の落とし胤(だね)なり」


[訳] ゆがんだ(=嫡出でない)皇子のご落胤(らくいん)である。


ひねくれる。偏屈である。


出典源氏物語 須磨


「ひがめる心は、さらにさも思はで」


[訳] ひねくれている気性は、まるでそうした気持ちもなくて。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


事実と違える。ゆがめる。


出典源氏物語 紅葉賀


「かうあらぬさまに、もてひがめて」


[訳] こうも別人のようにゆがめて。


〔動詞の下に付いて〕事実と違えて…する。…違いをする。


出典源氏物語 若紫


「聞こし召しひがめたることなどや侍(はべ)らむ」


[訳] お聞き違いなされたことなどがございましょうか。


注意

現代語では[一]の用法だけ。








僻むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

僻むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




僻むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS