古語:

元よりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もと-より 【元より・固より】

副詞

以前から。昔から。


出典伊勢物語 九


「もとより友とする人一人二人して行きけり」


[訳] 以前から友人としている人、一人二人とともに行った。


もともと。元来。


出典土佐日記 二・七


「船君(ふなぎみ)の病者(ばうざ)、もとよりこちごちしき人にて」


[訳] 船の御主人である病人(=紀貫之(つらゆき))は、元来無風流な人で。◆名詞「もと」に格助詞「より」が付いて一語化したもの。









元よりのページへのリンク
「元より」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

元よりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




元よりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS