古語:

元服の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

げん-ぶく 【元服】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

男子が成人になったのを祝う儀式。また、その儀式を行って成人になること。「元」は冠をかぶること。「服」は成人の服を着ること。成人したしるしに、髪を大人ふうに結い、冠をかぶり、成人の服に改めた。武家時代には、冠の代わりに烏帽子(えぼし)をつけ、室町時代中期以後は、貴人以外は、前髪・月代(さかやき)をそり落とした。十二歳から十六歳ぐらいまでに行うことが多い。のちに「げんぷく」とも。◆女子の成人を祝う儀式は「髪上げ」「裳着(もぎ)」という。⇒うひかうぶり・はつもとゆひ









元服のページへのリンク
「元服」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

元服のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




元服のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS