古語:

内内の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-うち 【内内】

[一]名詞

家の中。


心の中。内情。


出典源氏物語 紅葉賀


「うちうちの有様は知り給(たま)はず」


[訳] 心の中のようすは知りなさらない。


非公式なこと。うちわ。


出典源氏物語 少女


「これは御わたくしざまに、うちうちの事なれば」


[訳] この催しは非公式で、うちわのことなので。


[二]副詞

ひそかに。ないないに。


出典徒然草 一五〇


「うちうちよく習ひ得てさし出(い)でたらんこそ」


[訳] (一芸を身につけるのに)ひそかによく習得してから人前に出たようなのこそ。



ない-ない 【内内】

副詞

こっそり。ひそかに。


出典平家物語 九・宇治川先陣


「人目には何とも見えざりけれども、ないないは先に心をかけたりければ」


[訳] 人目には何とも見えなかったが、ひそかには(二人とも)先陣を切ろうと心に決めていたので。








内内のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

内内のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




内内のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS