古語:

内外の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-と 【内外】

名詞

内と外(そと)。表と裏。


(仏教の立場から)仏教と、それ以外の教え(ふつう、儒教)。内典(ないでん)と外典(げでん)。


「内外の宮(みや)」の略。



ない-げ 【内外】

名詞

うちと、そと。奥向きと表向き。すべての方面。


出典平家物語 一・東宮立


「ないげにつけたる執権の臣」


[訳] (時忠(ときただ)は宮中の)内と外について権力を握った臣下。


貴人の家などに出入りすること。


出典源氏物語 朝顔


「今はないげ許させ給(たま)ひてむ」


[訳] 今は御簾(みす)の中の出入りもお許しになるだろう。


内典(ないでん)(=仏教書)と外典(げでん)(=仏教を除く儒教などの書)。


内教(ないきよう)(=仏教)と外教(げきよう)(=仏教以外の教え)。









内外のページへのリンク
「内外」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

内外のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




内外のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS