古語:

家の子の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いへ-の-こ 【家の子】

名詞

同じ家門の人。一門。


出典大鏡 道長上


「閤下(かふか)の君、末のいへのこにおはしませば」


[訳] 閣下の君(=道長)は(私の主君の)子孫の同じ家門の人でいらっしゃるので。


上流の子弟。名門の子弟。


出典源氏物語 紅葉賀


「舞のさま、手づかひなむ、いへのこはことなる」


[訳] 舞いぶりや、手さばきは、名門の子弟は違うものだ。


家来。従者。召使い。


出典枕草子 正月に寺にこもりたるは


「内外(ないげ)許されたる若き男ども、いへのこなど、あまた立ちつづきて」


[訳] 出入りを許されている若い男たちや、家来などが、たくさん立ち並んで。


武家社会で、分家の出身で、本家の家来になった者。家人(けにん)。









家の子のページへのリンク
「家の子」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

家の子のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




家の子のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS