古語:

浅井了意の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

浅井了意

分類人名


(一六一二ころ~一六九一)江戸時代前期の仮名草子作者。京都の本性(ほんしよう)寺の住職。内外の書物に通じ、博学多識で多くの著作がある。仮名草子の代表作家で、中国の『剪灯新話(せんとうしんわ)』の翻案の『伽婢子(おとぎぼうこ)』が有名である。









浅井了意のページへのリンク
「浅井了意」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

浅井了意のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




浅井了意のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS