古語:

物に魘はるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 物に魘はるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-に-おそは・る 【物に魘はる】

分類連語


(物の怪(け)など)超人間的な恐ろしいものに脅かされる。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「内外(うちと)なる人の心ども、ものにおそはるるやうにて、あひ戦はん心もなかりけり」


[訳] (家の)内外にいる人の心は、何か恐ろしいものに脅かされるような状態になって、戦い合おうという気持ちもなくなったのであった。








物に魘はるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物に魘はるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




物に魘はるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS