古語:

女にての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をんな-にて 【女にて】

分類連語


(男性である自分が)女性の身になって。女性として。


出典源氏物語 手習


「をんなにて馴(な)れ仕うまつらばやとなむおぼえはべる」


[訳] (男性である自分が)女性の身になって(すばらしい兵部卿宮(ひようぶきようのみや)の)おそばに親しんでお仕え申したいものよ、と思います。


(相手の男性を)女性と思って。女性として。


出典源氏物語 帚木


「添ひ臥(ふ)したまへる御灯影(ほかげ)いとめでたく、をんなにて見たてまつらまほし」


[訳] 寄り添って横になっていらっしゃる灯火に照らされた(源氏の)お姿は、たいへんすばらしく、(その方を)女性として拝見したい。


なりたち

名詞「をんな」+格助詞「にて」








女にてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女にてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




女にてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS