古語:

女院の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にょう-ゐん 【女院】

名詞

天皇の生母や后(きさき)・内親王などで、「院」もしくは「門院」の称号を与えられて、「上皇(しやうくわう)」に準じる待遇を受ける女性。また、その尊称。「にょゐん」とも。


参考

一条天皇の生母で皇太后だった藤原詮子(ふじわらのせんし)が出家し、東三条院の称号が贈られたのが最初。門院号は、一条天皇の中宮だった藤原彰子(しようし)に上東門院の称号が贈られたのが初め。



にょ-ゐん 【女院】

名詞

「にょうゐん」に同じ。









女院のページへのリンク
「女院」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女院のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




女院のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS