古語:

市川団十郎初代の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 市川団十郎初代の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

市川団十郎(初代)

分類人名


(一六六〇~一七〇四)江戸時代前期の歌舞伎(かぶき)俳優。江戸の人。幼名は海老蔵(えびぞう)。屋号は成田屋。荒事(あらごと)芸の創始者。三升屋兵庫(みますやひようご)の筆名で脚本も書いた。元禄(げんろく)時代の江戸歌舞伎の代表的名優。市村座の舞台で、俳優の生島(いくしま)半六に刺されて殺された。








市川団十郎初代のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

市川団十郎初代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




市川団十郎初代のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS