古語:

当つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・つ 【当つ】

他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


ぶつける。当てる。


出典平家物語 九・木曾最期


「痛手(いたで)なれば、真向(まつかう)を馬の頭(かしら)にあててうつぶし給(たま)へるところに」


[訳] (木曾(きそ)殿は)深手なので、兜(かぶと)の鉢の前正面を(乗っていた)馬の頭に当ててうつ伏せになられたところに。


さらす。向ける。


出典枕草子 成信の中将は


「廂(ひさし)にさし入りたる月にあてて、人の見しこそをかしかりしか」


[訳] ひさしに差し込んでいる月の光に向けて、人が読んでいた姿は趣のあるものだった。


分け与える。配分する。


出典大鏡 実頼


「夏冬の法服を賜(た)び、供料(くれう)をあて賜びて」


[訳] 夏冬の法服をお与えになり、供養料を配分しお与えになって。


推測する。当てる。


出典源氏物語 葵


「大将の君の御通ひ所、ここかしこと思(おぼ)しあつるに」


[訳] 大将の君(=源氏)がお通いになる女性は、あの方かこの方かと推測なさると。


直面させる。


出典宇津保物語 俊蔭


「汝(なんぢ)らをさへ罪にあてむ」


[訳] おまえたちまで罪に直面させよう。








当つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

当つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




当つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS