古語:

当たるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あた・る 【当たる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


ぶつかる。触れる。命中する。


出典古今集 物名


「楫(かぢ)にあたる波のしづくを」


[訳] 舟の櫂(かい)にぶつかる波のしずくを。


接する。


出典今昔物語集 三・一三


「その人のために、太子ねんごろにあたり給(たま)ふ事有れども」


[訳] その人のために、太子は心を込めて接しなさることがあるけれども。


思い当たる。


出典徒然草 四一


「折からの思ひかけぬ心地して胸にあたりけるにや」


[訳] ちょうどそのときの(私の言葉が)意外な気がして、(人々の)心に思い当たったのだろうか。


出会う。直面する。


出典源氏物語 須磨


「かく思ひかけぬ罪にあたり侍(はべ)るも」


[訳] このように思いがけない罪に直面しておりますのも。


道理にかなう。匹敵する。


出典徒然草 一九三


「暗き人の、人をはかりてその智を知れりと思はん、更にあたるべからず」


[訳] 愚かな人が他人を推測して、その知恵(の程度)をわかっていると思うのは、全く道理にかなうはずがない。









当たるのページへのリンク
「当たる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

当たるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




当たるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS