古語:

心賢しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-かしこ・し 【心賢し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


賢明だ。利発だ。気がきく。


出典今昔物語集 二八・三八


「もとより御こころかしこくおはします人は、かかる死ぬべききはみにも御心を騒がさずして」


[訳] もともとご賢明でいらっしゃる人は、このような死に直面した場合でもお気を動転させることなく。



こころ-さか・し 【心賢し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


気持ちがしっかりしている。心強い。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「中にこころさかしき者、念じて射むとすれども」


[訳] (気後れしている護衛の者の)中で気持ちがしっかりしている者が、無理して(天からの使者を)射ようとするけれども。








心賢しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心賢しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心賢しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS