古語:

心遣ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-づかひ 【心遣ひ】

[一]名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

気配りすること。


出典源氏物語 桐壺


「かかる折にも『あるまじき恥もこそ』とこころづかひして」


[訳] このような場合にも「とんでもない不面目な事態でもあったら困る」と気配りをして。


[二]名詞

心構え。決心。









心遣ひのページへのリンク
「心遣ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心遣ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心遣ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS