古語:

心誤りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-あやまり 【心誤り】

名詞

心得違い。思い違い。


出典伊勢物語 一〇三


「こころあやまりやしたりけむ。親王(みこ)たちのつかひ給(たま)ひける人をあひいへりけり」


[訳] 心得違いをしたのだろうか。親王方がお召しになっている人と、恋を語り合ってしまった。


気分がすぐれないこと。


出典源氏物語 総角


「『こころあやまりして煩はしく覚ゆれば』と、」


[訳] 「気分がすぐれない状態でめんどうくさく感じられるので」と、(対面なさらない)。


心が正常でなくなること。乱心。


出典源氏物語 真木柱


「いと静かに心よく、子めき給(たま)へる人の、時々こころあやまりして」


[訳] たいそう静かで気立てがよく、子供みたいにおっとりとなされた人なのに、時々心が正常でなくなることがあって。








心誤りのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心誤りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心誤りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS