古語:

忘れ水の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わすれ-みづ 【忘れ水】

名詞

野中の茂みの中などで人の目につかず忘れられたように流れる水。


出典後拾遺集 恋三


「はるばると野中に見ゆるわすれみづ絶え間絶え間を嘆くころかな」


[訳] 野中にはるかに見える忘れ水のようにあなたの訪れが絶え間がちなのを嘆いています。◆和歌では「絶え絶え」などを導く序詞を構成する例が多い。








忘れ水のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

忘れ水のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




忘れ水のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS