古語:

忽なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いるかせ・なり 【忽なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


いい加減だ。おろそかだ。


出典平家物語 一・禿髪


「いささかいるかせにも申す者なし」


[訳] (平清盛が全盛のころは)少しもいい加減に申し上げる者はいない。◆後に「いるがせなり」「ゆるかせなり」「ゆるがせなり」とも。漢文訓読語。



ゆるがせ・なり 【忽なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


なげやりだ。おろそかだ。なおざりだ。


寛大だ。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「親の子にゆるがせなるは、家を乱すのもとひなり」


[訳] 親が子に対して寛大なのは、家を乱すもとである。◆古くは「ゆるかせなり」。









忽なりのページへのリンク
「忽なり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

忽なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




忽なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS