古語:

忽ちにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たちまち(に) 【忽ち(に)】

副詞

またたく間(に)。すぐさま。たちどころ(に)。


出典方丈記 


「或(ある)は焰(ほのほ)にまぐれて、たちまちに死ぬ」


[訳] ある者は炎に目がくらんで、またたく間に死んでしまう。


突然(に)。にわか(に)。


出典徒然草 一〇八


「命を終ふる期(ご)、たちまちに至る」


[訳] 命を終える時期は、突然にやって来る。


現(に)。実際(に)。


出典今昔物語集 一四・九


「たちまちに今、この難に遭(あ)へり」


[訳] 現に今、この災難に遭った。◆古くは「に」を伴って用いることが多い。








忽ちにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

忽ちにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




忽ちにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS