古語:

怖ぢ恐るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぢ-おそ・る 【怖ぢ恐る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


自動詞ラ行上二段活用

活用{り/り/る/るる/るれ/りよ}


こわがり恐れる。


出典宇治拾遺 一五・一〇


「帝(みかど)いみじくおぢおそり給(たま)ひけりとなん」


[訳] 帝はひどくこわがり恐れなさったということだ。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


[一]に同じ。


出典宇治拾遺 三・一四


「大宮司(だいぐうじ)の威勢、国司にもまさりて、国の者どもおぢおそれたりけり」


[訳] 大宮司の威勢は国司にもまさって、土地の人々はひどく恐れていた。








怖ぢ恐るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

怖ぢ恐るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




怖ぢ恐るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS